かつて同じ輝きを求めた二人・・・

3年4か月の空白の時を超えて、勝利を手にした男。

その筋力、スタミナ、柔軟性、スピード、そしてモチベーション・・・・

これらを維持するのにどれだけの練習を重ねたのか?

最後の試合は、29歳。永いブランクです。

ボクシングの世界、特に軽量級にすれば若くは在りません。

しかし前回の映像を御覧頂いた方々にはお解りだと思います。

フットワークが軽い。相手との距離感もいい。出入りのタイミングもいい。

そして何よりも相手をよく見ていました。

敵の動きを読み切って先に動けます。


見違えるような試合を見せてくれました。

辰吉丈一郎。

試合後半の歓声、インタビュー時の声援、誰もがこの時を待っていました。

これ程愛される。

多くの方々は、彼の闘いぶりに心を撃たれます

負けても負けても這い上がる。


度重なる怪我、眼疾患。

最愛の父の他界。結婚、そして新たな命の誕生・・・

まさに波乱の12年でした。

ここで少し時間を巻き戻してお話しをしたいと思います。

ボクサーは、JBCに認定されたジムに所属します。

辰吉丈一郎の場合は大阪帝拳ジム。

そしてそれぞれの選手にトレーナーが付きます。

大久保純一郎。


辰吉丈一郎はこう発言しています。

「 僕のパンチをあれだけ捨て身で受けてくれるトレーナーはいない 。」


大久保と辰吉は強い絆で結ばれている事を象徴する言葉だと思います。

薬師寺保栄との対戦前の事でした。

激しい挑発、舌戦、大久保トレーナーはその重圧に負けてしまいます。

試合前夜に飲酒。当日は指示を出せる状態ではありませんでした。

二人は、コンビと言うには余りに近しい関係です。

辰吉に動揺が無いはずが在りません。

もう一つハンデを背負っていました。 

辰吉は、試合前のスパーリングで左拳を骨折していたのです。

試合が始まりました。以前の薬師寺保栄では在りません。

右腕だけで太刀打ち出来るはずもない。

辰吉は、潰れる覚悟で左のパンチを放ったのです。

彼の視線は、リングサイドの席にいる大久保トレーナーに向けられていました。

しかし反応が在りません。

自分でやるしかない!!! 

腹を括った闘いでした。試合は判定負けです。

辰吉は、大久保トレーナーに怒りをぶつけます。

そして大久保トレーナーは、姿を消してしまいました。

この事実をどう捉えるのか?

難しい問題です。

辰吉の試合前の状態を一番把握していたのは大久保トレーナーです。

しかし逆説的に考えてみましょう。

大久保トレーナーの心身を最も知っていたのも辰吉丈一郎だったのです。

確かに試合前には、自分に集中しています。

プロフェショナルなら当然の事でしょう。

しかもこの試合が、運命を分ける。

周りに気を使う余裕も無い。

辰吉が怒るのは当たり前の事です。

ただ大久保トレーナーも一人の人間です。

これ程のプレッシャ―は本当に厳しい。

そこに誰も意識が行かなかった。気付かなかったのが悔やまれます。

しかし責める事は出来ません。全ての人々がこの一戦に懸けていたのです。

大久保トレーナーは行方不明、大阪帝拳ジムを離れました。

それから1年程、経ったでしょう。

大久保純一郎がジムにいきなり現われます。

約90Kgの体格は見る影も無く、ガリガリに痩せていました。

ダニエル・サラゴサ戦の直前の事です。

変りはてた姿に、ジムのみんなは大久保だと気付きません。

彼は独り言のように呟きました。


“辰吉はねぇ、勝つよっ!
 サラゴサになんて、負けへんよっ!
 辰吉は、勝つよ‥‥”


そう言ってその場を後にしました。

それが最後の姿でした。

辰吉丈一郎は、サラゴサにTKO負けを喫します。

そしてその一か月後大久保純一郎は、帰らぬ人となってしまいました。

ただ一度の行為が、二人を分けてしまう。

そしてその後の運命を変えてしまいました。

違うのかも知れません。

運命などないとしたら起きるべくして起きた事実かも知れません。

僕には、何かを象徴しているように思えます。

日々送る何も無いような毎日、それは見せかけだけかもしれません。

何気なく話し、知らず知らずのうちにする行動。

それが自分自身の別れ道に繋がっているのではないでしょうか・・・

いつも意識している訳にはいきません。

ただ様々な積み重ねが必要です。

しかしふとその事実を思い出す時が在ってもいい。


そう思います。今夜は、辰吉丈一郎の映像をUP致しません。

かつて同じ道を歩み、同じ頂点を目指した二人。

大久保純一郎辰吉丈一郎

彼らにこの歌を捧げたい・・・・・

    by Yasuki
           
                  ( 敬称略、御許し下さい。)        


http://www.youtube.com/watch?v=k7Rvdqb0v5s&feature=player_detailpage

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック