この歌声を聴け!!!

I’d Rather Go Blind

 ETTA JAMES  

彼女の存在を教えてくれたのは、この国のBluesのMaster。

ウェスト・ロード・ブルース・バンドのヴォーカル。

永井隆。彼でした。

大阪アム・ホールでのLIVEの時の事です。

それが何時だったのかはもう思い出せません。

バックで誰がプレイしていたのか??

それも解らない。 憶えているのは、永井隆のMCでの言葉だけです。

「 ちょっとゆっくりしたバラード行くわ~
  振られた女性の歌です。あんまり明るくはないなぁ~
エタ・ジェイムスの曲。一番大好きな歌や~
“ I‘d Rather Go Blind “ !! 」 


始まりは、静かに歌い始めます。僕は初めて聴く曲でした。

まだ、エタ・ジェイムスの事も知らない。

そして永井隆が熱唱してくれました。

20代後半の時のお話しです。 

梅田にもLIVE HOUSEが乱立し活況を呈していました。

バーボン・ハウス、バナナ・ホール、アム・ホール、Candy Candy・・・

世間では、僕には関係の無い音が溢れていました。

今よりも遥かに頑固で反抗的です。

??? 同じかもしれません。

聴きたくないものには強く反発していました。

止めろ~~違う!!!

強い違和感を憶えます。ただそれを誰かに言う訳でもない。

彼女に言っても理解してもらえません。

ここは仕方が無い。見解の相違と言うものです。

アム・ホールのLIVEには、一人で参加しました。

おぼろげに考えてみると、当時はハードなRockに集中していました。

時々、柴山俊之が、アム・ホールでLIVEをしています。

バンド形式では無く、アルバム 

「汚れた顔の天使/柴山俊之+センチメンタル・フール 」

の頃でしょう。 バックのメンバーは常に流動的です。

Rubyを結成する直前の事でした。

永井隆と塩次伸二( G )の二人は間違い在りません。

ベースとドラムが誰だったのか??

憂歌団の島田和男?? 正木五郎??

ベースは、井上富男?? 藤井裕??

おそらくその辺のメンバーだと思います。

下山淳( G )はステージにいました。

Rock‘n RollとBluesの集まりのLIVEがよく開催されていました。

今日お話ししたいのは、そのLIVEの事では在りません。

永井隆が歌ってくれたこの曲です。

数時間~数十曲が演奏される中、この曲だけが脳に刻まれていました。

理由は解りません。解る必要も無いと考えています。

彼の声とメロディーが、僕の中の何かを動かしたのです。

数日後、タワー・レコードで、エタ・ジェイムスのCDを購入しました。

紀伊国屋にも行きましたが、彼女に関する本はありません。

解る必要もないと言いながら矛盾した行動です。

しかし聴きたくてたまらない。知りたくてたまらない。

そんな強い衝動に駆られていました。

部屋に戻り、歌詞を観ながらこの曲を聴きました。

少し引用させて頂きます。

何かが私に告げたの、もう終わったんだと・・・

あなたと彼女が話しているのを見た時、私の魂の深い所で、何かが私に言った

「泣きなよ、お嬢ちゃん」

あなたと彼女が連れ歩いているのを見た時私はむしろ、むしろ盲目になってしまいたい。

あなたが私から去って行くのを見るくらいなら、それだけは嫌・・・・・

あなたのキス、あなたの暖かい腕を・・・・

唇に押しあてたグラスが反射して、涙が頬を伝うのを映した

ベイビー、ベイビー、私はむしろ、むしろ盲目でいたい。

あなたの去って行くのを見るくらいなら、私から去って行くのを見るくらいなら

ベイビー、ベイビー、ベイビー、私はむしろ盲目でいたい。


その時は、この歌詞には特に反応をしません。

エタ・ジェイムスには、驚きました。

改めて読んでみると、浅川マキが書いた詩のようです。

シンプルな表現で在りながら、情念を見事に描いています。

しかしあくまで音でした。それに感じるものがある。

永井隆は彼の声で、エタ・ジェイムスは彼女の声で・・・・

同じ曲でありながら、風情は全く違います。

しかしです。エタ・ジェィムスの歌心を永井隆はよく理解していたのでしょう・・・

僕に響いたのは、曲もさることながら永井隆のBluesへの愛情だったのだと思います。


彼を通じて知り得たミュージシャンは、数多くいます。

お礼を言いたい。

僕のBluesの兄貴~~~~~~~~ありがとう!!!

永井隆。 またLIVEにいきまーーーーーーーーーす。

                   by Yasuki
             

                   ( 敬称略、御許し下さい。)


http://www.youtube.com/watch?v=tB2NqUdNH_w&feature=player_detailpage

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック