東京ヤットレン報告書・・・その弐

昨年、秋、おそらく10月頃だったでしょうか???

階下の事務所から、大きな声が聴こえてきました。

「 やったぁ~~Black Keys来るって~~~~!!!」

そうなんや、これは行かなアカン。

9月の磔磔~岡山デスペラード~梅田クアトロが、無事終了し、

一息ついた処です。

「 ほな、東京いこーーーーーーーー(^_^)/ 」


まずは、チケッドの確保が、最優先。近所のローソンで購入しました。

印された番号は520番代。

新木場 スタジオコースト???

「 しらんなぁ~ちょっと、調べてみて。」

「 うん。見てみるわな~」

またもや、娘が僕を呼んでいます。

「 かなり遠いなぁ~千葉の方やろか???」

「 そうみたい。わかる??? 」

「 東京は、ぜ~~んぜん解らへん。けど、何とかなる、と思う・・・・」

開演時間までに着けばいい。いつもの、アバウトさ全開。

あとは、新幹線とホテルの、東京ブック・マークを押えるだけ~~。

こんな気持ちは、久しぶりやなぁ~と思わずにはいられませんでした。

そして、アッという間に年越し。

1月も、業務は、待ってはくれません。

ところがです。

アメリカ本土、西海岸の湾岸労働者のストライキが、長引いています。

ようするに、商品が来ない。

ロス、ロング・ビーチ、シアトルも全滅しています。

入船はおろか、出船も当然ありません。

労使の交渉が、これ程、強硬なのは何年ぶりだろうか・・・・

弊社の御客さんは、まだマシです。

お話しをすれば、御理解を頂けました。

しかし、中にはそんな方々ばかりでは、ありません。

他社から聴いた話しです。

「 御社の方で、何とかしてください。」

僕に言わせれば、これは、いいがかりです。ヤカラと言い換えてもいい。

誰の責任でもない、不可抗力でしかありません。

ないものは、どうしようもなーーーーーーーーーーーーいのです。

そして、迎える、2月の決算。そうなると・・・・

何が何やら、?????状態

ちょうど、その頃です。

息子が、マンションでひとり暮らしを始めました。

いちおう、場所の確認はしました。ただ、中に入ろうとは、全く思わない。

おおよそ、予想はつきます。

3月の後半だったでしょうか??

ひとり暮らしを初めて、約2カ月。

久しぶりに、息子が帰って来ました。

家に、いる頃とは違い、話しが弾みます。

11時過ぎだったと思われます。

「 父さん、わるいけど、部屋まで送ってくへん??」

「 ああ、いいよ。」


リビングのソファーから、いつもの様に立ち上がります。

その時です。歩けません。視界がとても変~~

部屋がグルグル回る様な感覚。

こう言うのがやっとでした。

「 ゴメン。明日の朝にして。」

離れてみると、やはり何かが、解るのでしょう。

息子は穏やかに答えました。

「 うん。解った。取り敢えず寝て。」

自覚はしていましたが。

血圧~~~~~~~~~~

オムロンの電子血圧計を腕にまき加圧が始まります。

“ 13〇~18△ 心拍数115 ”


その数字を見て、またもや眩暈が、(苦笑)

この機械は、血圧を上げる作用もあるんやろか???

何とか、ベッドに潜り込み、爆睡。

眼が覚めたのは、約、12時間が経った頃でした。

                 
                                      続く
     
            
                                     by  Yasuki

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック