テーマ:流れ星

流れ星の夜

「 初めまして。マキさん。私は弾といいます。バンドのマネージメントを   しています。如何でしたか?」 マキはタバコに灯を付ける。眼下に高速道路のライトが遥か向こうまで伸びて いる。あの道は何処まで続いているのだろうか・・・・ 「 そうね。あのバックなら私も歌ってみたい。ボーカルもいい。   あのメンバーと対等に渡り合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more